もし交通事故に遭ってしまったら、頼れる弁護士に慰謝料や賠償金について相談しよう

TOP 交通事故相談 交通事故弁護士 自転車の交通事故相談

自転車の交通事故相談

最近では自転車による交通事故が急増しています。
都会の地域では自転車で通勤する人も多いため、通勤ラッシュの時間帯になるとたくさんの自転車であふれています。

実際に自転車の事故を見かけたことも数回あります。
やはり朝は遅刻をしないためにも急いでいてスピードを出している人が多いです。

また、交通ルールをきちんと守らない人もいます。
自転車ならたとえ交通事故をおこしても大した事故にはならないだろうと考えている人がいるかもしれませんが、これは間違いです。

自転車の交通事故でも死者が出ていますし、自分が加害者となれば罪に問われる事もあります。そのため、自転車購入時に保険に加入することが必須の自治体もあります。当然、交通事故を起こした場合、あった場合には弁護士に相談することが普通になっています。子供であっても罰せられる判例がありますので、自転車の交通事故相談も増えております。

車両事故を起こした時の交通事故相談

交通事故に遭ったとき、通常保険会社とのやりとりになります。その時、交通事故後の通院や、示談の話し合い、事故処理などで、納得のいかない回答を提示され、交渉をどのように行えばいいのか分からない時もあります。そのような場合は、弁護士に交通事故相談を行いましょう。

積極的に交通事故に取り組んでいる弁護士の場合、賠償額の増額を見込めるメリットがあります。しかし、交通事故弁護士に依頼となると、着手金や、弁護士費用等がかかります。車の保険によっては、弁護士費用特約など付けておくと、費用をまかなってくれます。ぜひ、保険会社ばかりではなく、弁護士にも相談しましょう。

交通事故弁護士に相談関連

交通事故相談をしてしまった失敗例

交通事故を起こしたり被害者になってしまったら、怪我や被害状況に関わらず加入している保険会社にすぐ連絡するべきです。速やかに手続きが進められて保障をスムーズに受け取ることができるというのもありますが、相手側と話がこじれてしまう前に解決に導くことができるという利点があります。

怪我もしなかったし、わざわざ連絡するほどではないと放っておいて、後々になってやっぱり慰謝料を払ってほしいということになったら、事実確認をするだけでも大変な手間がかかりますし、最悪泣き寝入りということもあり得ます。もしものときは速やかに保険会社へ交通事故相談をしましょう。

交通事故相談について考える

交通事故相談と聞くと、車の運転をする人だけに関係すると思っていませんか。しかし、自転車でぶつかってしまったり、歩行中に巻き込まれるということもあるので、車を持っていない人も、もしもに備えて、どこに相談するか考えておくと安心です。

まず、最初に警察に届けることが大事だと言われています。警察は、記録として残してくれます。次に相談するのは、保険会社でしょう。もらい事故など、保険会社として関係ない事故でも、相談にはのってくれます。交通事故相談は、パニック状態ですることが多いですが、冷静な第三者のプロの保険会社の方と話していると、落ち着くことができます。

事故の際は交通事故相談のプロに速やかに連絡をしよう

交通事故に遭ったときには、気が動転してなかなか冷静になれないものです。まずは自分、同乗者、相手の怪我がないか速やかに確認し、そして二次的な事故が発生しないよう、場所移動や避難をします。安全確保が第一です。次に必ず警察、もしくは保険会社に連絡しましょう。

相手が示談を望む場合もありますが、その場合こそ取り合わず警察、保険会社にすぐに連絡します。怖い人だったり、揉めたり、最悪逃げられたりします。安心なのは契約している保険会社への連絡です。交通事故相談のプロなので、その場で何をするべきかの具体的な指示ももらえます。素人判断をせず、プロにアドバイスを求めたいものです。

大阪高等裁判所

http://www.courts.go.jp/osaka-h/

〒530-8521
大阪府大阪市北区西天満2-1-10

TEL:06-6363-1281

京阪電鉄なにわ橋駅から徒歩約5分
京阪電鉄大江橋駅から徒歩約7分
大阪市営地下鉄堺筋線・京阪電鉄北浜駅などから徒歩約10分
大阪市営地下鉄御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅などから徒歩約10分
JR北新地駅から徒歩約15分

メニュー

交通事故の相談HOME 交通事故相談 交通事故 交通事故弁護士 弁護士 交通事故慰謝料 過払い大阪 過払い請求