もし交通事故に遭ってしまったら、頼れる弁護士に慰謝料や賠償金について相談しよう

示談交渉、保険会社とうまくいかない場合の交通事故相談は弁護士に

交通事故はいつ起こるか予想ができません。

普段から交通マナーを守り注意を払っていても、被害を被ることがあります。

もし、交通事故に遭い、危害を加えられた場合は賠償請求する権利があります。

大抵は、加害者が加入している保険会社が示談交渉から解決までの手続きを進めます。

しかし、保険に加入していなかったり、示談が上手く成立しなければ行政書士や司法書士、弁護士などの法律の専門家に相談しましょう。

示談交渉、保険会社とうまくいかない場合の交通事故相談は弁護士に相談してみましょう。

万が一のときの交通事故相談

事故に遭ってしまった、事故を起こしてしまった、それは誰にでも起こり得る話です。車に乗る人はもちろん、自転車や歩行者、全ての人が事故に巻き込まれる可能性があります。いざというとき、どこに相談すればよいのでしょうか。答えは、保険会社です。

自動車、医療、学資、世の中にはたくさんの保険があります。交通事故相談も大抵の保険会社で受け付けてもらえます。弁護士を紹介してもらえたり、保険金を請求することができたりします。この件ではもらえないかも、と思っていても、案外適応してもらえることもあるのです。何が起こるかわからないので、備えあれば憂いなし、です。

もしもの時の交通事故相談

普段の日常では、誰もが車で大事故にならないであろうと考えていると思います。しかし、どんなに注意していても、相手の車がぶつかってくる可能性は0ではありません。そんな時、自分ならどうしたらいいのか、知っておくことが大切です。

まずは怪我人の確認後、救急車や警察署に連絡します。こちらが加害者の場合は、医療の応急処置位はできた方がいいかもしれません。その後自分の保険会社などに連絡すると思いますが、保険の補償内容なども知っておきましょう。スマートフォンがあれば、いくらでも調べることができます。交通事故相談として、事前に確認してみるといいかもしれません。

身近に潜む交通事故と交通事故相談

危険運転やペダルの踏み間違いや集団登校している子供に車が衝突するなどという事件が後を絶ちませんが、誰もが交通事故の被害者になる可能性があり、加害者になる可能性もあります。

それは意図するものではなく、油断したり、運転中の異変により、ふとした瞬間に起きてしまいます。あの時こうしていればと思うことも少なくありませんが、起きてしまったことを悔いても事故を起こす前には戻れません。事故を隠すことやその場から逃げることよりも、まず自動車保険会社や警察に交通事故相談をしましょう。誠心誠意、相手に謝罪をし、自身の健康にも留意し、次の事故を起こさないように心に留めておきましょう。

千葉地方裁判所・千葉家庭裁判所

http://www.courts.go.jp/chiba/

〒260-0013
千葉県千葉市中央区中央4-11-27

JR総武線・内房線・外房線千葉駅から徒歩15分
京成千葉線千葉中央駅から徒歩8分

交通事故弁護士に相談関連