もし交通事故に遭ってしまったら、頼れる弁護士に慰謝料や賠償金について相談しよう

交通事故における慰謝料の交渉を交通事故弁護士に依頼

被害者は交通事故の慰謝料をできるだけたくさん支払って欲しいと考えている事が多い様です。

相手が提示してきた場合に、妥当な金額であれば、そのままの金額を加害者は受け入れる事もあります。しかし、時に加害者はなぜそんなに高額なのかという事で疑問を抱く事もある様です。

交通事故のお金については保険会社や相手側の交通事故弁護士などとやり取りを行い、決定する事もあります。慰謝料については話がまとまればいいですが、時には長引いたりする事もある様ですね。
それでも、相手のいいなりになるばかりでは、自分の意見は反映されませんので、しっかりと主張したい部分については、しっかりと話をする機会を持つ様にしたいですね。

二倍以受け取り金額が変わる交通事故慰謝料

交通事故にあってから、一連の流れはスムーズになりますが、加害者側主体になってしまうこともあります。そうなってしまうと、もしかしたら交通事故慰謝料も少なくなってしまうかも知れません。加害者と保険会社はできる限り、交通事故慰謝料を抑えようとしていますので、基準も低くしているようなケースもあります。

そのようになった際にしっかりと対応することが大切でしょう。今までの事例のなかには、交通事故弁護士に依頼しただけで二倍以上の慰謝料金額になったなどのケースもあります。まずは加害者側の言い分を鵜呑みにするのではなく、専門家に交通事故相談しましょう。

交通事故慰謝料、主婦の場合には?

交通事故慰謝料の事例で以外と難しいと言われているのが専業主婦の慰謝料についてです。働いている人であれば仕事に行くことができなかった日分の給与を請求するのが一番わかりやすいですが、主婦というのは時給があるわけでもありませんし、給与が出ているわけでもありません。

そのため平均金額を出すのが非常に難しいのです。例えば怪我をしてしまったために家事が3日ほど全くできなかったとします。その間の交通事故慰謝料の請求はではどの金額が元になるのか・・・それとも通常給与が出ていないのだから?円になってしますのか。こういったところが交通事故弁護士さんの腕の見せ所にもなってきます。

交通事故慰謝料請求をスムーズに進めるために交通事故弁護士

交通事故慰謝料請求をするのであればできるだけスムーズに進めていきたいですよね。ただでさえ体に負担がかかっている時ですのでそれ以上の負荷をかけずに進めたい所です。そもそも交通事故慰謝料請求の手続きをするのは本人でないとダメなのでしょうか?

もし本人以外でもいいのであれば家族の人が代わりに請求した方がいいような感じがしますよね?しかし基本的に被害者に意識があり、自分で手続きが行えるような場合には自分で手続きをするのが通常です。ただし被害者が未成年の事例や、死亡事故だった場合には他の人が請求するのは難しいため相続人が代理請求することが認められています。

大阪高等裁判所

http://www.courts.go.jp/osaka-h/

〒530-8521
大阪府大阪市北区西天満2-1-10

TEL:06-6363-1281

京阪電鉄なにわ橋駅から徒歩約5分
京阪電鉄大江橋駅から徒歩約7分
大阪市営地下鉄堺筋線・京阪電鉄北浜駅などから徒歩約10分
大阪市営地下鉄御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅などから徒歩約10分
JR北新地駅から徒歩約15分

交通事故慰謝料関連