もし交通事故に遭ってしまったら、頼れる弁護士に慰謝料や賠償金について相談しよう

TOP 過払い請求 過払い大阪 過払い請求と多重債務について

過払い請求と多重債務について

テレビCMなどで耳にすることが多い過払い請求ですが、自分には関係ない、と思っている方も多いかもしれません。

過払い請求は、借金の返済にあたり利息分で払いすぎた分がないかを確認して返金請求を行うという債務整理の手段です。この手続きを行えるのは借金完済した方と、今借入を受けている方が対象になります。

しかし、借金をする人の中では借金返済のために別の貸金業者から借金を繰り返し、複数の業者から借入を受け多重債務に陥る人が多いです。

弁護士や司法書士といった専門家に依頼して行う必要がありますが、多重債務の状態からでも過払い請求は可能になっています。

あなたに過払い請求をする権利があるかもしれません

親の介護や家族のため、致し方なくお金を借り入れなければいけないような状況に陥ることもあるでしょう。すぐに精算できればいいのですが、返済が長引いてしまい他社からも借り入れなければいけなくなって多重債務になるケースもあります。

努力して返済を続けている方や、無事に完済した方に知ってほしいのが、過払い請求という制度です。グレーゾーン金利が発生していたことで払いすぎた利息分を取り戻すことができる手続きを指します。

請求期限は完済から10年となっていますので、念のため調べておくことをおすすめします。弁護士に多重債務の整理をお願いする際に、併せて相談してみてはいかがでしょうか。

過払い金と過払い請求関連

過払い請求について思う事

多重債務で苦しんでいる方の中には、カードローンやキャッシングなどで、貸し金業者に支払い過ぎている利息が発生しているケースもあるかもしれません。これを過払い金といい、中には残債を帳消しにできるほど多くの金額が戻ってきたという場合もあります。

借金返済で悩んでいるならば、是非弁護士に相談してみましょう。

注意したいのは、返済期間中の過払い請求は債務整理扱いになるということです。そのため、信用情報に登録されて新規の借り入れやローンの申し込みが制限される可能性が高まります。ただし、戻ってきた過払い金で完済された場合は登録が取り消されますから、そうしたペナルティを受けることもありません。

クレジットカードを利用している人の過払い請求

過去に消費者金融を訪れたことがない人は、自分には過払い金がなく過払い請求できないと思いがちですが、クレジットカードの利用でも多重債務者などのように過払い請求できることがあります。

クレジットカードの利用がショッピング枠だった場合は、高額の手数料を支払っていたとしても過払い金は存在しません。クレジットカードの利用がキャッシング枠だった場合に過払い金がある可能性があります。クレジットカードの場合、ショッピング枠というのはお金を立て替えてもらっている状態のため、利息というもの自体が発生していないからです。しかし、キャッシング枠はお金を借りている状態なので利息が発生しています。

過払い請求の概要と経緯

かつては、出資法と利息制限法の適用範囲が曖昧で、特にノンバンクにおいて業者の都合のいいように解釈されていました。従って、現在では考えられないような、実質利息が30パーセントなどどいう事態が普通に発生していたのです。

ところが、十数年前に最高裁でそれが違法と判断されてから潮目が変わってきました。その判決を受けた改正貸金業法では、利息制限法を超過した分は違法となり、余計に支払った利息は過払い金と見なされるようになります。

そこで、その過払い金を業者から取り返す手続きを過払い請求といい、一般的には弁護士や司法書士を本人の代理人として手続きをすることが多くあります。

大阪高等裁判所

http://www.courts.go.jp/osaka-h/

〒530-8521
大阪府大阪市北区西天満2-1-10

TEL:06-6363-1281

京阪電鉄なにわ橋駅から徒歩約5分
京阪電鉄大江橋駅から徒歩約7分
大阪市営地下鉄堺筋線・京阪電鉄北浜駅などから徒歩約10分
大阪市営地下鉄御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅などから徒歩約10分
JR北新地駅から徒歩約15分

メニュー

交通事故の相談HOME 交通事故相談 交通事故 交通事故弁護士 弁護士 交通事故慰謝料 過払い大阪 過払い請求