もし交通事故に遭ってしまったら、頼れる弁護士に慰謝料や賠償金について相談しよう

TOP 交通事故相談 交通事故弁護士 事故で困ったときに交通事故弁護士に依頼するメリット

事故で困ったときに交通事故弁護士に依頼するメリット

交通事故に遭ったとき、ほとんどの人はどうすればいいかわからず保険会社に相談します。治療費や休業補償を払うのは加害者側の保険会社であることが多いですが、保険会社は営利企業のため、利益を出すためには賠償金をできるだけ少なく見積もる傾向があります。

では、被害者側の保険会社が力になってくれるかというとそうではなく、本人の保険内容で補償できる範囲でしか対応してもらえません。そういった場合は、交通事故弁護士に相談することをおすすめします。

弁護士は依頼人の権利を守るために親身になってくれ、法律にも詳しいので、満足のいく額の慰謝料を手にすることが可能です。

交通事故弁護士を依頼するメリットとデメリット

交通事故弁護士を雇うメリットは、示談金が増額することです。弁護士を雇うことなく自身で解決しようとしても、相場相当の賠償金を獲得するのは困難です。保険会社との交渉に不服な場合でも、弁護士を雇えば泣き寝入りを防ぐことができます。

しかし、軽傷の人身事故などの案件は、示談金よりも弁護士費用の方が多くかかってしまうというデメリットもあります。もし弁護士費用特約が適用されるのであれば、保険会社から一部費用を負担してもらえるので、この問題を解消できます。加入している保険を見直して、もしもの事態に備えておきましょう。

交通事故弁護士に相談関連

交通事故弁護士に示談交渉代行を依頼

交通事故に遭って長期入院することになった場合、身体だけでなく、精神的にも金銭的にも大きな負担がかかります。交通事故慰謝料は全ての治療が終了した後に受け取ることになるため、仕事を休んで治療に専念していた場合、事故後から完治するまでの間その分収入が減ってしまいます。

自賠責保険の仮払い請求などもできますが、少額です。早く支払ってほしいからと焦ってしまい、相場より低い慰謝料額で同意してしまわないためにも、交通事故弁護士のサポートがあると安心です。示談交渉を代行してもらえるので、加害者や相手の保険会社とのやり取りでストレスを感じずに済みます。

交通事故弁護士に依頼して適切な慰謝料を請求

交通事故に遭うと、治療費など金銭的な負担も大きくなります。また、怪我の程度によっては仕事を長く休むことになりますので、収入が激減することもあります。この場合、加害者に対して金銭的な請求をすることが可能です。

また、実際に負担した部分だけでなく、交通事故慰謝料も請求できることに注意が必要です。よく分からないまま加害者と交渉してしまうと、得られる金額が少なくなります。交通事故慰謝料として請求できる金額がいくらなのかは、具体的な事例を確認しなければなりません。

交通事故弁護士に相談して、事例をもとにした相場を把握し、適正な請求をすることが大切です。

あなたの心強い味方になってくれる交通事故弁護士

交通事故に遭ってしまうと、慰謝料請求などの事後処理に長い期間を要します。わからないことだらけで不安に感じて、少しでも早く解決したいからと相手の保険会社に誘導されるまま示談書にサインをしてしまうことも少なくありません。

一度同意してしまうと覆すのは難しいので、早めに交通事故弁護士に相談して、サポートをお願いすることをおすすめします。もっと高い慰謝料を受け取れたのにと後悔しないためにも、難しい手続きや知らなかった法律の落とし穴など、実績豊富な交通事故弁護士のフォローのもと、慎重に示談を進めることが大切です。

メニュー

交通事故の相談HOME 交通事故相談 交通事故 交通事故弁護士 弁護士 交通事故慰謝料 過払い大阪 過払い請求