もし交通事故に遭ってしまったら、頼れる弁護士に慰謝料や賠償金について相談しよう

TOP 交通事故相談 交通事故弁護士 提示された金額が疑問なら交通事故弁護士に相談する

提示された金額が疑問なら交通事故弁護士に相談する

交通事故に遭い被害者になったとき被害によって損害賠償金を請求できますが、完治するか完治が見込めないときは症状固定になるまで待つ必要があります。被害者が賠償請求金を請求できるのは治療費などの経済的な損害と、慰謝料などの精神的な損害です。

治療費は、加害者や保険会社が負担しますが、被害者が一旦病院に払う必要があります。払った治療費は、被害者が一旦立て替えるため負担がかかります。そのため示談交渉で保険会社が提示する金額に疑問を感じた場合は交通事故弁護士に相談して、場合によっては代理人になってもらうのも良い方法の一つです。

画像診断について交通事故弁護士に伝える

怪我の状況によって、受け取る事ができる金額というのは異なります。そのため、交通事故弁護士がCTやMRIなどの検査結果である画像を証拠として利用する事もあります。これらの画像は、怪我の状況を示す証拠となり、交通事故弁護士が求める事もあります。

また、交通事故弁護士は、病院側と話をしたり、またはカルテや診断書などの提示を求める事もある様です。この様に画像診断の結果など医学的な証拠などがあれば、交通事故弁護士に伝える様にしましょう。交通事故弁護士に医学的な事を伝えても理解してくれるのか不安な人もいる様ですが、この分野を扱う法律家は、医学についても勉強している人が多いそうです。

交通事故弁護士に相談関連

活躍する交通事故弁護士

今日においてはたくさんの交通事故弁護士が活躍しています。交通事故弁護士は、怪我をしたり、場合によっては家族を亡くした人の相談に応じ、その人達が納得できる様な形で問題が解決できる様に力を尽くす仕事となります。

交通事故弁護士の仕事は、人のこれからの人生に与える影響は大きいと考えられますので、責任のある仕事と言えます。しかし、その分だけ交通事故弁護士は本当に絶望している人を救える事もあります。

普段の生活において、交通事故弁護士が必要になるという事はあまりないと思います。しかしながら、いざという時にはすがる様な思いで相談にやって来る人もいます。彼らは非常に大事な存在と言えます。

早く見つけたい交通事故弁護士

自分で交渉を行うなどして、問題が進んでしまってからでは難しい対応を迫られてしまう事もあります。交通事故弁護士は、できるだけ事故の直後など早いタイミングで相談するのが好ましいと言われる事もあります。

少しでも早く交通事故弁護士に相談するためには、早く交通事故弁護士を見つける必要があります。今ではスマホを持っている人が多いので、自宅でいる時など空いた時間を見つけて交通事故弁護士を探す事ができます。

自分の力だけでいい交通事故弁護士を探し出す自信がないという時には法テラスや弁護士会などの機関にまず相談してみると、ピッタリの人を紹介してくれる事もあり、そのまま依頼につながる事もあります。

自動車保険における交通事故弁護士特約の必要性

交通事故のもらい事故で被害者となった場合、保険会社は弁護士法に抵触する恐れがあるため相手側との示談交渉ができません。その場合、被害者自身が相手側と交渉する必要があります。そんな時に頼りになるのが交通事故弁護士です。

自分で弁護士に示談交渉や損害請求の裁判を依頼するには多額の費用がかかりますが、自動車保険ではその費用を負担してくれる「交通事故弁護士特約」というものもあります。保険契約時には割愛しがちですが、付けておくといざと言う時にとても心強い特約です。

自動車保険は保険料の価格だけではなく、万が一の時の為、それぞれの特約の必要性をよく考えていかなければなりません。

大阪高等裁判所

http://www.courts.go.jp/osaka-h/

〒530-8521
大阪府大阪市北区西天満2-1-10

TEL:06-6363-1281

京阪電鉄なにわ橋駅から徒歩約5分
京阪電鉄大江橋駅から徒歩約7分
大阪市営地下鉄堺筋線・京阪電鉄北浜駅などから徒歩約10分
大阪市営地下鉄御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅などから徒歩約10分
JR北新地駅から徒歩約15分

メニュー

交通事故の相談HOME 交通事故相談 交通事故 交通事故弁護士 弁護士 交通事故慰謝料 過払い大阪 過払い請求