もし交通事故に遭ってしまったら、頼れる弁護士に慰謝料や賠償金について相談しよう

示談に納得いかないときは交通事故弁護士に相談を

自賠責保険は、被害者に加害者が慰謝料を含めた損害賠償金を支払ってから、加害者に保険金が支払われる形になっているのですが、加害者が賠償を怠る場合は被害者が直接自賠責保険に保険金の支払を求めることができます。 しかし、加害者から一部でも賠償金を受け取っているときは加害者の請求が優先されます。

また任意保険は、自賠責保険の上限金額以上の損害賠償金を補うために各自の意向で加入が任されている保険です。 任意保険に入っている状態で交通事故を起こしてしまったら、六十日以内にその保険会社に知らせる必要があります。 示談交渉がまとまらず、納得いかないときは、交通事故弁護士に相談するのが良い方法です。

交通事故弁護士に相談する前に

どの様なケースであったとしても、交通事故弁護士に相談する際には、まず何が起きたのかという事を正確に言葉で交通事故弁護士に伝える必要があります。また、自分の身に起きた交通事故とは言っても、交通事故弁護士を目の前にすると、なかなか思う様に説明できない事もあります。

そのため、交通事故弁護士と面談を行う時には、事前にメモをするなどして、どの様に説明するかという話の内容をまとめておく事をおすすめします。時には自分で図を描きながら説明する事もあるでしょう。交通事故弁護士が正しく状況を理解するためにも、細かい所まで伝えておく様にしましょう。時として、話は長くなってしまう事もあります。

対応を任せたい交通事故弁護士

もし、自分が交通事故弁護士に相談する立場にあると想定した場合に、どの様な交通事故弁護士に相談したいと思うでしょうか。交通事故弁護士として、しっかりと仕事をしてくれるという事はもちろんですが、それだけではなくて、親切で丁寧に対応してくれる交通事故弁護士など人柄に注目する人もいます。

その様な素晴らしい交通事故弁護士であれば、ぜひ対応を任せたいと思う事でしょう。現在では、無料相談を行っている人も多いので、実際に相談する前に、少し話をしてみたいという人も多く、この様な機会があれば誰でも利用しやすいでしょう。法律家というのは、自分の近くにたくさんいる場合もあるので、どの人に相談するか考えましょう。

交通事故弁護士の利用でストレス軽減

事故の直後というのは、大きなストレスから体調不良を訴える人もいる様です。できるだけ、自分のストレスは少ないに越した事はありません。少しでもストレスを軽減するためには、交通事故弁護士を利用するというのもいいでしょう。

交通事故弁護士が熱心に話を聞いて、自分の大変さや辛さを少しでも共感してもらう事ができれば、少し肩の荷が下りたと感じる人もいる様です。交通事故弁護士の仕事は法的に問題を解決する事ですが、実際には交通事故弁護士はそれ以上の大事な役割を果たしている事もあります。交通事故弁護士を利用する事によって、少しでも自分のストレスを軽減して、健康状態が良くなるといいでしょう。

大阪地方裁判所・大阪家庭裁判所

http://www.courts.go.jp/osaka/

〒530-8522
大阪府大阪市北区西天満2-1-10

TEL:06-6363-1281

京阪電鉄なにわ橋駅から徒歩約5分
京阪電鉄大江橋駅から徒歩約7分
大阪市営地下鉄堺筋線・京阪電鉄北浜駅などから徒歩約10分
大阪市営地下鉄御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅などから徒歩約10分
JR北新地駅から徒歩約15分

交通事故弁護士に相談関連